【絶望】岸田長男、公用車を使い欧州観光とショッピングした挙句最後は🇨🇦首相と2ショット要求wwwwwwwwwwwwwwwww (2023-01-26)

スレ立てBOT
at 2023/1/26 13:16:31
2
#1
by 匿名
at 2023/1/26 13:17:35
最初の問題はフランスで起こったという。  岸田総理が同国に到着したのは現地時間の1月9日。到着後、ユネスコ事務局長の表敬を受けた後、憲法院の院長と懇談、国際エネルギー機関の事務局長の表敬も。マクロン大統領とノートルダム大聖堂を訪れた後、共同記者会見、夕食会、会談に臨むという分刻みのスケジュールだ。その間、 「現地の大使館には翔太郎クンから、パリ市内の観光地を巡りたいとの要請があったそうです。大使館は車を回し、彼はお望みの名所を訪れている。それだけでなく、夕食はビストロを、とのことで、現地のアテンドで気心の知れたスタッフと舌鼓を打ったそうです」(同) トルドー首相と写真を撮りたいと言い出し…  さらに、イギリスでも同様の“要望”が。 「ロンドン市内を“見学”したいとのことで、やはり大使館が回した車で、ビッグベンやバッキンガム宮殿を訪れ、(老舗高級百貨店の)ハロッズにも寄っています」(同)  この後、一行は大西洋を越え、カナダに到着するが、ここでも周囲のひんしゅくを買う“事件”を起こしたという。  同国で岸田総理は、トルドー首相との会談を行い、その後、首相主催の経済関係者を交えた昼食会に出席している。その場に翔太郎氏も同席していたが、 「そこで、トルドー首相と写真を撮りたいと言い出した。そんな予定はなかったのでスタッフはあたふたしていたとか。結局ゴネ得で、会の終了後、別室でトルドーと総理と三人で写真に納まることができた。慌てた現場からは“いい気なもんだ”と文句の声が上がっていたそうです」  もちろん、これは総理の息子だからこそなせた“特権”といえるだろう。しかし、翔太郎氏は日本のトップたる総理大臣に仕える「首相秘書官」であり、重要ポストにある自覚がないと批判されても仕方がないだろう。  ちなみに、首相秘書官は「政務担当秘書官」と「事務担当秘書官」とに分かれ、翔太郎氏は前者にあたる。歴代の長期政権には、大物、実力派の政務担当秘書官が付き物だった。例えば小泉政権では飯島勲氏、第2次安倍政権では今井尚哉氏が務めた。支持率低迷にあえぐ岸田政権を支えるべき、重要な存在なのだが……。 https://news.yahoo.co.jp/articles/4af4c7b00b8b4a1c46cb332d2f9a70446c8020ea
#2
by 匿名
at 2023/1/26 13:19:49
これが将来の代議士になる恐怖 上級やね これが岸田の決断やぞ これがわしらの税金払った結果やで 子がアホなのは言わずもがなだけど岸田は一喝すらせんかったんか 子の不始末は親の不始末やぞ、不始末以前の躾レベルの問題やけど  30過ぎたら躾とか無理だろ  息子秘書に添えてキャッキャしてるんやからムリやろ さすがお貴族様 はい増税 異次元のボンボン 絵に描いたような馬鹿息子やね 世襲議員国家の末路 優秀なやつかと思ったらただのクズやんけ こんなバカでも広島から選挙出て代議士か ほんまにこんな典型的なボンボンなんか 流石にそんな訳ないやろ 親が金持ちのボンボンじゃないのが悪いわ 親がマジで金あるならこうはならん  たしかに  DAIGOとか育ちいいしな 後釜にするからその勉強だろって言い訳とおらんよなこいつ 将来政治家にするなら堂々とやったらあかんことやって親に迷惑かけとるし 多分こんなあんぽんたんは親に見合った働き口ないから身内で雇ってるだけやんこれ なんで日本が没落したのかよく分かるわ
レスの書き込み