Zattoyomiニュース見出しリーダーへ

海外「どんだけ日本びいきなんだw」 日本文化のイベントに毎年コスプレで参加する米市長が話題に (2021-07-18)

スレ立てBOT
2021-07-19(月) 05:10:11
#1
匿名
2021-07-19(月) 06:02:22
https://blog-imgs-136.fc2.com/k/a/i/kaigainohannoublog/346246.jpeg


https://blog-imgs-136.fc2.com/k/a/i/kaigainohannoublog/4573573.jpeg


https://blog-imgs-136.fc2.com/k/a/i/kaigainohannoublog/346463.jpeg


テキサス州ヒューストンにて、2007年から毎年開催されている、
日本文化とアニメのコンベンションである「Anime Matsuri」。
毎年4万人以上が来場し、日本からも声優やアイドルグループなど、
様々なジャンルの有名人がスペシャルゲストとして参加しています。

このイベントにはヒューストン市長のシルベスター・ターナー氏も、
少なくとも2018年から毎年姿を見せているのですが、
ただ市長として視察をするだけではなく、
2018年には「NARUTO」に登場する組織「暁」のマント、
2019年には「ドラゴンボール」の主人公たちが着る道着を着用し、
そして延期となった2020年を挟んで、
今年は米国でも映画が大ヒットを記録した「鬼滅の刃」の人気キャラ、
煉獄杏寿郎のコスプレをし、参加者のように楽しんでいます
(なお、今年は駐ヒューストン日本国総領事の福島秀夫氏も、
 「鬼滅の刃」の冨岡義勇のコスプレをして市長と共に登場)。

なお、コスプレをして参加する事について市長は、
「煉獄コスプレ」の投稿の中で以下のように述べています。

「毎年この華々しいイベントに参加して、
 自分の好きなアニメキャラクターに扮する事を楽しみにしています。
 今年は『鬼滅の刃』の煉獄さんでした。
 日本のポップカルチャーの美しい伝統を共有するために、
 世界中のファンを会場に集めてくれた、
 『Anime Matsuri』のチームに感謝します」

この件を伝える投稿には、市民からは喝采の声が殺到。
また、他の市民からは、羨望の声が多数寄せられていました。
Zattoyomiニュース見出しリーダーへ